寺家ふるさと村

というところがあります。
場所は青葉台駅から車で10分ほど。

もともとの農業地域を開発から守り、市民に身近に自然を味わってもらいたいと横浜市が田んぼや畑と周りの雑木林を保護地域にしているところです。

青葉台の雑踏を抜けて10分行っただけで田園風景が広がるので初めて行く人は驚きます。

その雑木林の一画に[寺家ひらさわ]という和食屋さんがあります。

d0289224_18530699.jpeg

この真っ白な暖簾をくくり、ちょっとした山道を登って行くと

d0289224_07380223.jpeg

このようなお店があります。

d0289224_18552047.jpeg

広いお玄関でお出迎えを受けて靴を脱いで上がります。

d0289224_18594865.jpeg

今日は生徒さんたちとのお食事会で9人で伺いました。
さあ、今日は何が頂けるでしょうか。期待に胸がふくらむこの時。
d0289224_19022463.jpeg

d0289224_19025743.jpeg

d0289224_19031860.jpeg

d0289224_07271430.jpeg


d0289224_19034029.jpeg


先付け、八寸、椀もの、お造り、焼き物などがつぎつぎに運ばれますが、どれも旬の素材だけが使われて、お店と料理長さんの心意気を感じます。

d0289224_07273889.jpeg

こちらのお店を教えてくださり、誘ってくださったのも生徒さんですが本当に素晴らしいお店を教えて頂いたことを感謝しています。

またすぐにでも伺いたいと思うお店です。
お値段も都内に比べてずっとずっと安いので、それが何よりうれしい!

# by jonny0727 | 2018-05-20 18:37 | 日々の楽しみ | Comments(2)
下中玉ねぎ入りです。

d0289224_13482795.jpeg

めんに下中玉ねぎを薄く薄く切ったものと、きゅうりのせん切り、蟹肉、生わかめが混ぜてあります。
めんとその他のものの割合がだいたい同じかさになるようにするのがよいと思います。
蟹肉はカニかまでも大丈夫です。

それを冷やし中華だれで和えて、ベビリーフとプチトマトをトッピングします。

たれ(3〜4人分)
100ccのお湯を沸かしコンソメ顆粒を大さじ1溶かす。濃口醤油、酢、砂糖を各大さじ2加えて一煮立ちしたら火を止めて冷ます。冷めたら太白ごま油を小さじ2加える。

今日も玉ねぎを美味しくいただきました。


# by jonny0727 | 2018-05-19 13:47 | 料理レシピ | Comments(0)

清里の朝


みんな、よく寝ました〜。

Yちゃんはご主人が亡くなって1人になってから眠りが浅くなってしまったといいます。
いつも隣に誰かがいてくれる安心感。
それは無くしてみないと気付かないことかもしれません。

私と旅行するといつも『Hちゃんと一緒だと本当によく寝られる。久しぶりで深くぐっすり寝られたわ』と言います。今朝もまた同じようにいい目覚めの顔をしていました。

カーテンを開けると

d0289224_20542447.jpeg

こんなに綺麗な青空が広がっていました。
素晴らしい朝です。
いい感じにお腹も空いてきました。

d0289224_20564960.jpeg

新鮮なミルクや野菜や焼きたてのパンにオムレツ。パンは八ヶ岳ベーカリーのパンだそうです。
充実した栄養たっぷりの朝食でした。

チェックアウトタイムまで部屋でゆっくりと過ごし、またのんびりと電車を乗り継いで帰宅いたしました。

1泊2日でしたがゆっくり過ごした時間はその倍に感じられました。

# by jonny0727 | 2018-05-18 20:45 | travel | Comments(0)

新緑の信州へ

のんびりと電車に揺られて信州に行って来ました。

今回の目的も安曇野大黒屋のうなぎです。メンバーはいつものYYHトリオ、話が決まるのは早いです。

久しぶりで美味しい鰻が食べたいね。
大黒屋に行くしかないね。

すぐにメンバーになっている清里の高原ホテルの利用できる日をチェックしました。3人の予定を合わせてみたら何ともラッキーなことにみんなの予定が合い、早速電車の切符をとりました。

電車を乗り継いで旅をするって何年振りでしょう。JTBにいったらとっても親切に、少しでも安くなるようにと考えてくれて乗車券と特急券が揃いました。

d0289224_18355171.jpeg

1日目は八王子からあずさに乗って松本まで行きます。

あずさと言えば  
♪♪8時ちょうどの〜あずさ2号で〜♪♪

今回乗ったのは八王子8時33分発スーパーあずさ5号。これは新宿発8時ちょうど。まさしくあの歌の歌詞にあるあずさなのですが今は色々改正されて名前にスーパーがつき、号数も変わっています。

そんな話をしているうちに2時間ちょっとで松本に着いてしまいました。松本といえばお城。
ゆっくり天守閣の周りを散歩しました。
こちらもご多分にもれず、外国人観光客がいっぱい。

d0289224_18363818.jpeg

ソフトクリームで休憩し、駅に戻ります。
こんどはローカル線で豊科へ。

いよいよ、半年ぶりの大黒屋さんを目指します。駅から商店街を抜ければすぐに到着。

ご注文は?
私達の注文にメニューは必要ありません。

《特上櫃まぶしを》

待つこと、2〜30分。
来ましたっ!

d0289224_18375456.jpeg

モノも言わずに食べ続け、最後の一杯はお約束どおりにお出汁をかけていただきます。

d0289224_18381415.jpeg
あー美味しかった!
終わっちゃったね〜。
口ぐちにまんぞく、満足!と言いながら駅まで戻りました。

私達3人はこちらの関西風の焼き方が大好きです。外はカリッとしていながら中はふわふわです。
またタレの味も気に入っています。

私は他の方には自分がここのうなぎが大好きだと言うことはしょっちゅうお話しています。でも、是非行ってくださいとは言いません。
うなぎは蒸してから焼く関東風と直に焼く関西風があります。
またタレの味も甘かったり、辛かったり、いろいろです。

それぞれのお好みがあります。
私の好みを押し付ける気は全くありません。でも、やっぱりこの大黒屋さんのは私の育った名古屋のうなぎを抜いて日本一美味しいうなぎだと、独断と偏見で信じている私です。

豊科からまたローカルな電車で松本まで戻り、こんどは中央線に乗って小淵沢へ。
小淵沢からは小海線。2輌のワンマン電車が新緑の樹々を縫うように進んで行きます。

清里に着きました。

1970~80年代、清里はリゾート地としての方向を間違い、若者目当てのめちゃくちゃな開発を行いました。
品のない、子供相手の観光地と化した清里。
特に駅の周りはひどく、昔からの美術館やレストランは居場所を無くしたように消えて行きました。

その後そのような子供騙しのお店などはすべて姿を消し、一時はゴーストタウンのようになっていた時期がありましたが、だんだんと新しい清里の町作りが始まったようにみえます。

後ろに広がる八ヶ岳への入り口として素敵な町づくりをしていただきたいと思っています。

私達が泊まる清里高原ホテルは、そんな清里の駅から車で5〜6分。
たったそれそれぐらい離れただけでこのあたりは静かな森に囲まれ、鳥の声や、時にはキツネやタヌキにもお目にかかれる落ち着いたところです。

1990年に清里高原富士屋ホテルとして開業しその後現在の泉郷が引き継ぎました。

d0289224_00413402.jpeg


d0289224_00444366.jpeg

チェックインした後私とYちゃんはホテルの庭を散歩しました。庭には大きい池があり、水面に周りの木々を映して素敵な夕景でした。
d0289224_18431720.jpeg

d0289224_18434748.jpeg


d0289224_00463776.jpeg


夕食時間になっても私達はまだまだお腹が空きません。
夫はTV、私とYちゃんはおしゃべりしたりビデオを見たりしているうちになんとなく小腹がすいて来ましたので持って行ったカップうどんを作りました。

なんて、自由な!
なんて、気儘な!

かくして幸せな1日目が終わりとなりました。

# by jonny0727 | 2018-05-18 17:30 | travel | Comments(0)
d0289224_13331036.jpeg

小田原の下中というところでつくられている玉ねぎです。
下中はもともと知る人ぞ知る玉ねぎの産地だそうですが、生産量はそれほど多くなく特別美味しい新玉ねぎは大人気のようです。
毎年5月の初めに売り出され、1週間で売り切れてしまうそうです。

それをラッキーなことにたくさんいただきました。
柔らかくて、甘くて、辛味は全然なくて、もうどうやって食べても美味しいのです。

新鮮なうちに頂かなければ、といろいろ考えて見ましたがやっぱりシンプルな調理がいちばんいいことがわかります。

サラダ
d0289224_13384667.jpeg

オイル焼き
d0289224_13390375.jpeg
ピサラディエール
d0289224_13392549.jpeg
甘酢漬け おぼろ昆布と
d0289224_13400613.jpeg
ビシソワーズ 玉ねぎ+りんごで。
d0289224_13444952.jpeg

どれもこれも美味しくてあっという間にダンボール箱いっぱいの玉ねぎがなくなりそうです。

次にしたいと思っているのは冷やし中華。細く細く切った玉ねぎと麺を1:3ぐらいに合わせてトッピングは蟹とわかめ。きっと美味しいと思うのですが。101.png


# by jonny0727 | 2018-05-16 13:21 | 日々の楽しみ | Comments(3)

自宅でしている料理教室のひと皿、気を抜いたうちご飯、そして好きな映画、また日々の出来事など徒然なるままに。


by rokkomiki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31